看護助手実務能力認定試験とは?

看護助手実務能力認定試験とは?

看護助手実務能力認定試験とは全国医療福祉教育協会が主催する試験のことで、合格すると看護助手としての能力があると認められます。
民間の資格ではありますが看護助手を目指すならまずはこの試験に合格することが重要になります。
試験対策をしているうちに必要な知識なども学べますから現場で実際に仕事をする時にも役立つでしょう。

 

試験はマークシート形式の問題が25問、記述形式の問題が5問あり、試験時間は90分です。
受験資格は特にないため誰でも受けることができますが、専門的な知識が必要になりますから勉強はしなければなりません。
全国医療福祉教育協会では看護助手実務能力認定研修も行っており、この研修を受けて認定証を受け取ることが最大の試験対策です。
受験料は一般受験なら7,500円、学校などに通っていて団体で受ける場合は7,000円です。
では試験の内容をさらに詳しく見ていきましょう。

 

↓↓↓たのまな 看護助手はこちら↓↓↓

たのまな 看護助手

たのまな 看護助手

 

看護助手の資格取得を目指す通信講座。
評判の高いたのまな 看護助手。
詳しくは無料資料請求をお申し込みください。

 

 

↑↑↑無料資料請求はこちら↑↑↑

 

マークシートと記述形式の両方がある

マークシート形式の問題は看護助手業務と役割について10問、患者の理解について10問、看護助手に求められる基本的な技術について5問出題され、記述形式の問題では看護助手に求められる基本的な技術について5問出題されます。
試験内容からわかる通り看護助手として最低限必要な知識を確認する試験です。

 

合格の基準は正答率6割以上が目安ですが、各試験の問題の中身によって多少の差があります。
合格率は60%から80%とされており、合格率だけを見れば比較的合格いしやすい試験と考えられます。
試験を受ける多くの人は通信講座などを利用して事前に試験対策をしていますから十分な知識を学んでおけば合格を狙えるでしょう。

 

看護助手実務能力認定試験は看護助手になるために必ず受ける必要がある試験ではありません。
しかしこの試験の合格を目指す中で看護助手としての能力が鍛えられていきますから非常に便利で役立つことは間違いなく、通信講座で気軽に勉強を始められるのも大きな特徴となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ